生理中 ニキビ 大量

生理中のニキビ大量発生の原因と予防方法を取り上げています。女性ホルモンやストレスのような根本原因に効果的に働きかける方法で、生理中のニキビ大量発生を予防して治療していきましょう。

生理中 ニキビ 大量 > 生理中のニキビ大量発生を予防できたホルモンケア方法

生理中のニキビ大量発生の原因と予防方法を取り上げています。女性ホルモンやストレスのような根本原因に効果的に働きかける方法で、生理中のニキビ大量発生を予防して治療していきましょう。

生理中にニキビ大量発生!

「生理中になると決まってニキビが大量発生する!」
「頬・顎・口周り・おでこ、、、顔中どこでも増える!」

生理中のニキビ大量発生は本当に悩みの種です。体質だから仕方ないのかなぁと思いつつも、いざブツブツができると、

「もう!」

という感じになってストレスも2倍です。生理中はイライラしがちだし、生活も不規則だったりたまに生理周期も乱れたりして、

「いい加減治さなきゃ!」

と感じている人も多いのではないでしょうか。生理中にニキビが大量発生するということは原因として女性ホルモンバランスの乱れが大きくて、それがニキビとして出てしまっている証拠です。

だから、根本から治すには女性ホルモンバランスを整える観点が毎日のケアに不可欠です。


まずはとにかく根本原因に働きかけることです。ラミューテのようにダマスクローズウォーターの作用で女性ホルモンから働きかけることが出来るコスメも有効な選択肢の一つです。


>>>女性ホルモンを整えるラミューテ化粧品はこちら!



皮膚表面に働きかける洗顔・保湿だけではなくて、しっかりと体の内側からもケアを行っていくことが対策として大切でした。皮膚科で治療薬を処方してもらっているのに治らなかったり、漢方薬やサプリメント、低用量ピルを使ったホルモン治療を検討しているという方も参考にしていってください。

生理中のニキビ発生を予防出来た!

生理中のニキビ大量発生や生理周期関連の症状を抑えていくには、女性ホルモンバランスを整えていくことが最重要です。

・ストレスをためない
・暴飲暴食で胃腸に負担をかけない
・睡眠時間をしっかりと確保
・運動を習慣にして血行改善

こういった生活改善が女性ホルモンバランスを整える上で大切です。

ところがところが、そんな理想的な生活習慣を送ることが出来ないからこそ生理中のニキビが出てしまっているわけです。

一念発起して生活改善に取り組むもすぐに効果が出なくて挫折して自己嫌悪になったり、無理に続けようとしてストレスになっては逆効果です。


生理中のニキビ対策で遠回りしないためにも出番となるのがローズウォーター配合のラミューテ化粧品です。

ローズウォーターにはリラックス効果・女性ホルモンを整える効果があります。

ラミューテにはローズの中でも最高級のダマスクローズのウォーターが含まれているので、生理中のニキビ予防ケアとしてこれ以上のものはありませんよ。

ラミューテはローズウォーター配合のマニアックな化粧品というわけではなく、ラミューテそれ自体が大人ニキビ用の化粧品でもあり、定番のニキビ有効成分や保湿成分もしっかりと含まれています。

まずは毎日のスキンケアから女性ホルモンバランスにも効果的に働きかけていきませんか?
 

1ヶ月自信を持って過ごせるように

生理中にニキビが大量発生していた頃は、1ヶ月の中に1回は肌荒れが悪化する時期があったということ。

毎月毎月最低1回はニキビのせいで嫌な気持ちにならないといけなくて、自信を持って過ごせないしイライラストレスも溜まります。

「周りは生理に関係なく肌がキレイなのに!」

なんて考えて悲劇のヒロイン症候群になったり。ストレスは男性ホルモン(アンドロゲン)を増やすので、過剰な皮脂分泌を招いて顔が脂っぽく見えて不衛生で悪循環です。


でも、写真のラミューテを思い切って使ってみたら予想外に変化を感じ取れるように

やっぱりストレスや女性ホルモンに働きかける何かしらのケアが必要だったんだなぁと痛感しました。

薬局の薬だけ追加で塗ったり、ビタミン系のサプリを頑張って飲み続けたり、間違ってはいなかったかもしれないけど生理中のニキビ対策としては少しズレていたかなと今では後悔です。

根本原因が何か頭ではわかっていたのですから、時間をムダにしないためにももっと早く女性ホルモンケアを取り入れていくべきでした。

ラミューテという化粧品を知っていたのにスルーしていた自分に「バカ!」って言ってやりたいです。

でも、最後は頑張って使ってみたのですから、その時の自分には「ありがとう」です。

>>>ラミューテで生理ニキビに負けない!

生理中の大量ニキビに薬は効く?

女性ホルモンやストレスを根本原因とする生理中の大量ニキビに治療薬は効果的なのでしょうか?

私の経験では治療薬は今あるニキビを治すためのものです。新たな吹き出物の発生の予防はスキンケアや生活習慣の役割です。

つまり予防ケアもしっかりと実践しながら治療薬も活用して今あるニキビを治すことで、一日でも早く症状を完治させることが可能になります。

では、生理中のニキビにはどんな治療薬が良いのか?ということですが、まず基本的な外用薬として

・ディフェリンゲル

が角質剥離作用を持っていて角栓コメドを解消する効果があり、白ニキビというニキビの初期症状によく効きます

ディフェリンゲルは皮膚科の処方薬なので入手するためには診察を受ける必要があります。


また、炎症を起こしてしまった赤ニキビには、

・ダラシン
・アクアチム
・ゲンタシン
・ミノマイシン


といった抗生物質が塗り薬として効き目があります。抗生物質は使えば使うほど耐性がつくため、同じ症状を繰り返すことがないように予防ケアが重要になってきます。

白ニキビにも赤ニキビにも効く薬としては、

・ベピオゲル

があります。主成分の過酸化ベンゾイルは海外のプロアクティブにも配合されている成分ということで話題の新薬です。


薬局・ドラッグストアでも購入出来る市販薬なら、

・オロナイン
・ペアアクネクリーム
・クレアラシル
・ビフナイト
・テラコートリル


といった塗り薬がしこりのように腫れた赤ニキビに効果的です。
 

女性ホルモンに作用する治療薬


生理中の大量ニキビの根本原因に働きかけていくのであれば、漢方薬による体質改善や、もっと直接的な方法として婦人科の低用量ピルや注射によるホルモン治療もあります。

また、チェストツリーが配合されたサプリメントも月経前症候群(PMS)を和らげる作用が期待出来て、より生理中のニキビ大量発生にダイレクトに働きかける方法となります。

体の内側からも積極的にアプローチしたい時や、生理中にニキビが大量発生する以外にも気持ちが憂鬱になったり、生理周期が乱れがちだったり様々な不調がある場合には選択肢として検討する価値があると思いますよ。

リンク集